読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像が及ぶ範囲

海外生活を始めて8ヶ月半が経過した。あと3ヶ月半である。最初は夏に日本帰るの面倒だし、最後のんびり勉強して帰るかと考えていたけれど限界である。海外に適応できなかったといえばそれまでなんだけど、いや事実そうなのかもしれない。が、それは微妙に違うかも。他人と一緒に住むことのストレスとは想像以上である。東京で住んでいた実家が快適過ぎだったのかもしれない。でも、一つドアを開けたら、他人が座っていて、さらにもっと知らない他人も座っていたりするのだ。

「こんにちは」とか「こんばんは」とか「どうも」とか「元気?」とか「お疲れ」とかって自分にとって家の中でスイッチを切ってるときに咄嗟に出る言葉じゃないわけで、「おかえり」と「ただいま」を間違えることとか多いし、何だろう、この作り物感。

 

と、毎度おなじみの愚痴でしたが、本日は休日でした。洗濯機が故障しており洗濯できず。汚身体に汚洋服の生活再開です。

 

いまのお家いいとこだけど値段が高いので3月末で出れたら出ようか検討中。追い込まれていたから決めちゃったけど、500ドルにしていれば月々できる貯金額が変わるわけだし、考えないとなあ。こっちの家賃800ドルってどんな感じだろう。

 

少し前にお金に執着するのやめよーなんてことを語っていたのに、なぜこんな話をというと、鈴木大介と中村淳彦「貧困とセックス」をkindleで読んだからだ。

 

とは大嘘で、単純にやっぱりお金欲しいからだ。

 

で、本についてだけど、とにかく絶望絶望絶望で、自分が最近悩んでいたことっていったいなに?という感じだった。

 

タイトルは「貧困とセックス」だけど、単に性労働について書かれているわけではない。日本が敗戦国で、銃規制が厳し過ぎるほどだから、治安が悪化せずに済んでいる(目立った暴徒が起きていない)だけで、貧困は想像以上に深刻だという。オレオレ詐欺振り込め詐欺は世代間格差の象徴で、詐欺グループはどんどんエリート集団化(高卒から大卒へ)していっている。性産業もインターネット広告の効果で最初のハードルが下がっていき、働く女性のレベルが上がっていき(学費(奨学金)、生活費のための女子大生や、奨学金返済、低賃金、非正規のためのダブルワークの社会人など)下はどんどん弾かれて路頭に迷ってしまっている。

 

こういった事実から、より深刻な話になるのだけど、日本の未来は悲惨だね。

 

移民したくないし、上にいくしかないんだよなー。(格差どんどん広がるし、効果的な再分配の政策なんて絶対に出てこない)

 

見ようとすれば少し想像すれば見えるような現実の悲惨さに蓋をしてきた結果、その蓋が開いてきている。その蓋から出てきた痛みに傷つけられる人たち。痛みをさらに叩いて蓋する社会。

 

でも、そういうの無視して自分だけでも誰かと結婚して子ども作って幸せになりたいなって思ったりするし、結局、人なんてそんなものなのかな。

 

いや、やっぱり嫌でしょー。どんなに綺麗な高層マンションに住んでてもさ、休日子ども連れて近くの公園に行ったら公衆トイレで売春してる娼婦がいてベンチを占領していた人が人知れず死んでる世界なんてさ。

はじめて病院行ったの巻

昨年末にインフルエンザになったのですが、完治してからというものどういうわけか乾いた咳が止まらず。

 

ちょうど先週の水曜日あたりから徐々に悪化していき、とうとう喋るのが辛くなったのが昨日。

 

寝ても治らなかったので、本日仕事を早退して病院へ。

 

バンクーバーは英語使わずに生きていけるな〜本当に。という感想。日本人通訳さん在勤の病院でスムーズに診察を受け薬をもらう。

 

吸引用ステロイドである。咳喘息の状態だ。しっかり薬を続ければ、癖になることはないそう。ほっとけば喘息になっちゃうみたい。母が喘息で、あまり心配かけたくないが、まあ隠してもしょうがないので書いている。

 

とは言っても、咳喘息はホンモノの喘息というわけではないので大丈夫でしょう。しっかり薬が効いて、咳が止まることを祈るのみ。

 

とにかくストレスが多いから身体のいたるところに症状が出てるのかもしれない。病院で熱を測ったら微熱があった。37.3だった。カナダでは37.4から熱があるというらしい。通訳さんが教えてくれた。

 

吸引器はいつもやっているところを見ていたが、いざ使ってみるとなかなか難しい。不器用だからか?

 

と心配を助長するようなことを付け加えてしまった。

 

私は実年齢よりも若く見えるし、ハキハキ喋ることもできないし、ヘラヘラしてしまうし、おどおどしがちだし、赤面症だし、他人に舐められることが多いのですが、乾燥しがちな年頃なのでどんどん舐めていただきたいと思います。

 

大事なことだから一度しか言わないけど、私は自分のこと舐めてるけど、好きだなあ。

 

おわり

微笑みをあずけて

光GENJIの曲なんだけど、歌詞が素晴らし過ぎる…

 

チャゲ&飛鳥とか安全地帯に曲書いてる松井五郎が作詞らしい。

 

踏み切れるか分からないけど、とりあえず働くこと稼ぐことに執着するのやめて、本当に大切なこと考える。3月から仕事減らそうと思います。

 

現代ってやっぱりおかしい。いまこうしてブログ書いてるけど、それを読んだとき、この文章を私が書いたという証は何もないのに、誰もそれを疑わない。

 

LINEもTwitterFacebookInstagramも全部ローマ字と数字の組み合わせが人に付けられて、それでお互い識別して、信じている。

それだけの繋がり、とても虚しく感じる。

 

ローマ字と数字、いつか本当の人間にしたい。

 

また未成年が飛び降りたのか。とりあえず自殺するまで、どうして学校行き続けたの?とかそういうこと言う人がいなくなる社会作りたいな。やっぱり書かないと。さいきん全く書いてなかった。書かないと!

 

YouTube貼れなかった、スマホから。

 

おわり

人間か人間じゃないか

ウォーキングデッドを観ています。

とてもくだらないのですが、はらはらしますし、とても良くできていると思います。

 

ウォーカーと呼ばれるゾンビはもともとは人間で、噛まれたり引っ掻かれたりすることによって感染し、ウォーカーになるのですが、登場人物たちには「ウォーカーは人間なのか?」という葛藤が常につきまとっています。

 

とてもグロテスクで観てられないのですが、続きが気になってしまうようにできていて、まんまとそれにはめられています。

 

そして、本題です。最近、人間関係について考えることが多いのですが(悩んでいないですし問題もないのですが)、はっきり申しまして、ほんの一握りの人間以外は人間じゃないんだと思います。(わたしにとって)

 

こういうときだけ人間は関係性の中に存在すると思ったりしてるのかもしれません。ある人の喪失に心を傷めているのか、ただ「死」に心を傷めるのか。

 

昨夜は23時までということになっており、誕生日パーティということで了承いたしました。
しかし23時半になっても静かになる気配がなかったので(パーティーは終わり、幾人かは帰ったようですが)、わたしは洗面所に向かい、一言も口をきかずにドアを思いきり閉めて部屋に戻るというかたちを取りました。その結果大人しくなったのですが、わたしの心に多少の申し訳なさや色々なことが浮かんできました。結局あまりよく眠れませんでした。寝たのは2時半くらいです。起きたのは5時前です。これから8時間以上働きます。

朝起きると謝罪文がドアの下から部屋に入れられていました。申し訳ないということ、パーティールームが借りられなかったということ、もう二度と家でパーティーしないということが書かれていました。

こちらはもう会話する気もありません。わたしにとって、まだあなたたちは人間じゃないです。誕生日とか糞ほどどうでもいいのです。わたしは自分の誕生日もどうでもいいと思っています。仕方なく一般的に考えて大目に見るだけであって、個人の感情を持ち出せば、誕生日のなにがそんなに大事なんだということになります。

また謝罪は誰のためにあるのでしょう。わたしは人に心から謝ったことなどありません。わたしはわたしの言葉がわたしの心の申し訳なさに足りたと思ったことがないからです。そもそも謝ることは既に過ぎてしまったことに関することが大半ですから、正直、どうでもいいのです。ただ、今後二度と家でパーティーしないというのは評価いたします。ありがとうございます。もう粗大ゴミ人間だと思わずに済みます。ウォーキングデッドを観ながらウォーカーを一人召喚してやりたいと思わずに済みます。

 

人間じゃない人へ、人間じゃない人より

自己分析

‪学生の頃、自己分析をさせられることがあったと思う。アルバイトを探すとき履歴書に自己PRの欄を埋めたことがある。でも、どれもどんなことを書いてもその言葉が自分を表しているとは到底思えなかった気がする。学生の頃、よくコミュニケーションが取れずに困っていた。相手が自分との接触によって構築した自分像を相手の自分に対する言動の中に発見したとき、戸惑い、悲しみ、怒り、憤った。本当の自分は違う!と思った。でも、本当の自分なんてそんな大それたものはないのだと考えるようになった。自分は一人一人との関係性の中に生きていると考えるようになったからだ。彼に対する自分と彼女に対する自分を切り離して考えるようになった。それはとても楽な捉え方だと思った。自分は彼等にとっては冴えない奴かもしれない。つまらない奴かもしれない。そういう自分も自分だけど、他方で自分は魅力的な自分として存在できると感じた。誰にとっても魅力的である必要なんてないわけだ。打率が高い人になりたいという想いはなかなか消えないし、結局なかなかコミュニケーションが上手くいかないと凹む。でも、それはその中だけの自分に過ぎない。やっぱり自分は結局相手に依存したコミュニケーションしか取れないみたいで、それはつまりどういうことかというと、この人とあの人といるのでは全く居心地が違ってしまい、それはつまり多くの人と共存する能力がないというわけだ。自分は怒りん坊で甘えん坊らしい。‬人によって態度を変えて、その人と一緒にいると居心地が良いというのは、その人の中にある自分像に甘えているということだと思う。こんな自分を評価してくれる人に会えた。こちらに来て一番いっしょに時間を過ごしているのは68歳の人だ。とても仲が良い。魅力的な人で凄い人だ。その人に評価される自分、殺したくない。その人の中にある自分に支えられることがあるし、鼓舞されることもある。バンクーバー、冬は日照時間がとても短く雨が多く(そのうえ今年は)寒く嫌いだ。だけど戻ってくる。年に数回戻ってくる!カナダに来て、のんびり自由になるつもりが金持ちになりたい、自由になりたい!!自由のためにお金がいる!と思うようになってしまった。宝くじ当たればなあ。何処に住んでいても考えることは大抵同じかもしれない。ありあまる富、同時に存在する自分、要らない自分を消せる自由がほしい。